理系学生のぼんやり日記

色々なことに挑戦してます!

英会話

Python 文法(7)

こんばんわ!!!!

昨日で、お盆が終わった人、多いのではないのでしょうか???

それでも、まだ街中は人が多いような気がします。

私の周りでは、今日までお盆という人もちらほらいますwww

それでは、早速今日は何の日?コーナーに移りたいと思います。

共和国再興記念日 [ドミニカ共和国]

1865年のこの日、カリブ海ドミニカ共和国がスペインから独立した。

1821年12月にスペインから独立したが、内戦のその隙を突かれて1822年1月に隣国ハイチに占領された。1844年にハイチから独立したものの、ハイチとの戦争に耐え切れず、スペインに併合を申し入れた。1865年に3度目の独立を果たした。

(wikipedea参照)

ドミニカというば、私はコロンブスを思い浮かべます。コロンブスがインドと間違えたのが、このドミニカと言われています。ドミニカは野球も強いですね...

私も、野球とかの球技が得意だったら、どれだけ生きるのが楽だったことか笑

これから、子育てをされる方は、何か授業でやるスポーツを習わしてあげるといいかもしれません。一つでも、運動で輝けるものがあったらその子の学校生活はうまく行きますw

運動ができない子は、勉強ができないと立場が悪くなるという印象だったので、もう勉強して、自分の地位を確立して行きましたw

まあ、それも過去の話ですけどねwwww

さて、Pythonの文法の話に移りたいと思います。

昨日は、コメントとか、文字列リテラルの話をしました。

今日は、ブール型について学習して行きたいと思います。

ブールとは、YesかNoの二つしかありません。一見、不便に思われますが、プログラムでは結構というかかなり役立ちます!

ポイントとして、ブール型にはTrueとFalseの二つの真偽リテラルしかないということです。

boolはtrueとfalseの2つの予約語で表されます。論理型は2つの値を比較するときによく用いられます。

例えば、左の数値が右の数値よりも大きいか調べる「 > 』という記号があります。

104 > 1

これはTrueと出力されます。

104は1よりも大きいので、Trueがかえってきます。なお、Trueという文字列が返されるのではなく、真偽リテラルとしてのTrueが帰ってきて、これをインタラクティブシェルが便宜的にTrueという文字列を表示しています。

今日は、これくらいにしておきましょう(๑╹ω╹๑ )

最後まで、読んでいただき、ありがとうございました!

よろしければ、他の記事も見ていただけると嬉しいです!

英会話